こんにちは。

8月に新宿御苑前にあるヴィーガン料理のKibokoさんで、飛騨桃を使ったイベントをするということでお邪魔してきました。

飛騨里山オフィスに滞在された方がご本人の生活圏へ戻り、飛騨で出会ったお気に入りの出来事や素材を紹介したり、新しい形へ能力をつかってアレンジしてみたり。そのような場に、立ち会えると大変感激します。

カッティングされたフルーツ

「食材から畑をみる。畑から地域をみる」

これまで料理人や食品関係の事業者様とのご縁から、「食材から畑をみる。畑から地域をみる」をテーマにしたイベントを開催してきました。

今回は、Kibokoさんが飛騨桃と飛騨の伝承野菜を使う料理にチャレンジ。

題して「桃大好き!桃祭り!!飛騨桃どんぶらこ」

 

桃の人気恐るべし。イベントはあっと言う間もなく満員しました。すごい!

野村農園の野菜

野村農園の伝承野菜

飛騨の桃

飛騨桃は、飛騨の名産品の一つと自称していますが、首都圏ではあまり知られていないと思います。

その利用の一つは、「生産量が少なく、飛騨地域内でほとんど消費されてしまうから」だと良く耳にします。

山地である飛騨で育てられた飛騨桃は、1日の間でも気候の落差が大変大きく糖分をたくさん蓄えた美味しい桃です。

 

旬の飛騨桃は食べてもらえない・・・?

他所に比べて夏が来るのが遅い飛騨地域では、桃の収穫時期も1週間から1ヶ月ほど主な桃の生産地より遅れがあるそうです。

 

例えば、桃で有名な岡山では7月の下旬からお盆前の8月中旬前が最盛期(JA岡山より)となるようですが、

飛騨では7月の下旬もしくは8月の初旬から始まり、昭和白なら中旬から下旬、川中島であれば下旬から9月初旬までとなるようです(※その年の気候で変わります)。

 

「桃はお盆前に購入される方が多かったり、お盆が終わると梨やブドウなどの競合が増えてしまう。なので、実は一番甘みがしっかりとした飛騨桃が手にとって評価されることが少ない」と黒内果樹園さん。

そこで、おいしい飛騨桃を手に取ってもらうきっかけをつくろうと「飛騨桃どんぶらこ」のイベントはスタートしました・・・

飛騨桃in新宿

 

フルーツパーク 黒内果樹園

イベントでは、減農薬で桃やりんご栽培に取り組んでいる黒内果樹園さんより飛騨桃をいただきました。

果樹園は、標高700mほどのブナの原生林の生い茂る山地にあります。

飛騨古川にある黒内果樹園 日本最高峰にある桃果樹園飛騨古川 透き通る川

Kibokoさんによる「桃大好き!桃祭り!!飛騨桃どんぶらこ」

飛騨桃を使ったビーガンメニュー

・オーガニックスパークリングワインのベリーニ
・桃スムージー
・デトックスウォーター
・サングリア
・ピーチティー(紅茶)
・ピーチミントティー
・ビシソワーズ
・自然栽培生野菜サラダ 桃のドレッシング
・ブルスケッタ
・キヌアと玄米のサラダ
・グリーンカレー
・つばくろナス、ささげなど夏野菜のマリネ
・もちとうもろこし、国府ナス、桃などのグリル、豆腐チーズクリームとベジバーベキューソース
・桃の甘酒ソースがけ

スローフード&ワイン Kiboko

 

フルーツカットのスペシャリストとのコラボ

フルーツカッティングとフルーツの食べ方をレクチャーで北條きよみさんも参加。

今までにない、フルーツの姿に感動しました。

フルーツカッティング 新宿

 

桃のフルーツカット

参加して

普段そのままで美味しい飛騨桃ですが、焼かれたり、カレーの中に入ったりと、桃の酸味や食感、他の食材の辛さを引き立てる役割など新しい飛騨桃が魅力が引き立てられていて新鮮でした。

はっきりいって、全部の料理がとっても。美味しかった

 

また、弊社の宿泊の事業では近年外国人のお客様が増えてきております。海外からのお客様は私たちと比べフルーツを消費する量が、圧倒的に多い印象を受けています。そのため、「地元のフルーツを食したい」など言われることが非常に多くなってきました。

そしてベジタリアンなど、肉を食べない、動物性の栄養素は取らないなどレベルは大小違いはありますが、野菜や果物を使った料理のニーズは年々高くなっていると実感しています。

和食や洋食、B級などのこれまでの縦軸に合わせて、ヴィーガンなど新しい横軸が入ると食べることへの楽しみが益々増えてく気がします。

今後も、Kibokoさんのようなビーガン料理人さんが地域の食材に新しい光を灯す活動に目が離せられませんね。

 

ギャラリー

slowfood & wine KiboKo

どうせ飲みに行くならカラダが喜ぶお料理とワインで楽しみましょうよ♪化学肥料や農薬を使わずに大事に育てられた野菜の力を活かしたオリジナルレシピの手作り料理。イタリアンやフレンチのシェフにもファンがいるKiboKoの料理はヴィーガン料理のイメージを良い意味で裏切りますよ(^^)v調味料、スパイス、加工品などもオーガニックで無添加の昔ながらの製法で作られたものを使用しているから安心。一度会ったらファンになる、ほんわかした人柄の店主が切り盛りする、正真正銘の隠れ家ワインバー。

住所:新宿区新宿2-5-8志村ビル4F

URL: https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13193704/

イベントページ:https://www.facebook.com/events/887711191355374/

フルーツパーク 黒内果樹園

今回の飛騨桃

URL http://homepage3.nifty.com/kurouchikajuen/

野村農園

今回の飛騨の伝承野菜

URL http://www.nomura-nouen.com/

▼他の関連する記事

南青山で飛騨桃から地域をみる 【イベント・飛騨桃どんぶらこ】

畑の見える弁当の畑 〜在来・伝承野菜を守るひと〜

 

古民家一覧はこちら » »