清流の国を掲げ、山、川、海、3つ一体とした環境保全をか掲げる岐阜県の中で、
3,000メートル級の豊かな山脈に四方を囲まれる飛騨地域は水源の宝庫です。

飛騨の綺麗な水を貯める山々

せっかく飛騨にいるのなら飛騨の水を!  飛騨古川から湧き水を汲める場所を紹介してます。

 

飛騨里山オフィスでの滞在中、飲み水としてはもちろん、料理やコーヒーにつかってみるといいですよ〜!

個人的には、コーヒーに使うと口当たりが一段変わって、普段入れている水との違いが際立ってわかりやすいと思ってます。

飛騨数河(すごう)の水汲み場

①数河のお助け水 水源

820年くらいに越中から神通川を上り飛騨へ訪れた弘法太師が、病人、けが人をこの水で治療したと言われている水場。今も、「お助け水」と呼ばれて、「この水を飲み続けてアトピーが治った」などの不思議な話もよく聞きます。真偽は別として、飲みやすく人によっては、少し甘味を感じる水です。国道41号線から山方面に入って5分ほどの山道の途中にありますよ。※冬は通行止め

 

場所:岐阜県飛騨市古川町数河 袖峠 (古民家・源七から10分くらい) (末広の家・壱之町の家から30分くらい)
地図:https://goo.gl/maps/9mA2Z(目安)

飛騨数河 お助け水源 飛騨数河 お助け水源

 

②数河お助け水 水汲み場

「水源まではちょっと・・・」という人はここ。 古川町市街地から41号線を富山方面へ向かい、数河集落に差し掛かった所。左側(山側)にあります。

場所:岐阜県飛騨市古川町数河 41号線沿い (古民家・源七から5分くらい) (末広の家・壱之町の家から20分くらい)
地図: https://goo.gl/maps/h2Tv4

飛騨数河 41号線 飛騨数河 お助け水汲み場

奥飛騨の水汲み場

③奥飛騨原水 水汲み場

上の2つの水汲み場より上に位置する水汲み場です。ブナなどの広葉樹林が広がる「タンナカ高原」を水源とした水。軟水でありながら、カルシウムが多いそうです。

場所:岐阜県飛騨市古川町数河 ドライブイン数河の向かい (古民家・源七から5分くらい) (末広の家・壱之町の家から25分くらい)

地図:https://goo.gl/maps/aP7Rt

 

いずれ水も雑菌が少ないので、腐りにくいようです。数週間、タンクに入れ置いても腐ったことがないのが不思議な水です。  お試しあれ〜

 

番外編 コーヒー豆が手に入る店 蕪水亭 おはこ

飛騨古川で、ブレンド、各国の焙煎豆やフィルターコーヒーが手に入るのは「おはこ」。古い町並み、蓬莱で有名な「渡辺酒造」の斜め向いのお店です。

他にも、飛騨河合の野草茶や飛騨紅茶を飛騨の水で入れても一味違いますよ。

コーヒー豆

 

その他の関連する記事は・・・

飛騨のくらしを知る「里山の恵み、天然湧水」

 

古民家一覧はこちら » »