〜飛騨古川町の古い町並み〜

白壁土蔵と古川を流れる瀬戸川。

白壁土蔵と古川を流れる瀬戸川。

 古川の町並みの特徴は、歴史をそのままに残したかのような建物と、町中を流れる川にあります。

 

昔、城下町だった古川には町家が多く見られます。明治の大火により800軒以上が焼けてしまいましたが、その後立て直されたものの多くが残っていて、美しい格子の出窓や「雲」といわれる軒下の意匠が印象的です。また、伝統的な町家を残すだけでなく、新しい町家も建てられているのも古川の特徴で、全国でも数少ない例といわれています。

image (4)

隣同士が密接した町家では、火災が起こると町中に炎が一気に広がってしまいました。そのとき、大事な物を火災から守ってくれたのが白壁土蔵です。土蔵では、火災で家が燃えてしまっても生活できる物や、貴重な物が保管されていました。土蔵が白いのは、防火性のある白の漆喰が塗られているからです。他にも、湿気を吸収し室内の温度を一定に保つため、カビが付きにくい効果や、遮音性・遮光性の効果もあります。

 

(この記事はSatoyamaExperienceの過去の記事です)

 

▼他の関連する記事は

お知らせ「Satoyama Experience 過去の記事が読めるようになりました」

飛騨のくらしを知る「古川に春を呼ぶ~ 抽選祭からはじまる古川祭」

飛騨のくらしを知る「雪国で編み出された便利な仕組み」

 

古民家一覧はこちら » »