遮断機のない踏切

 

君の名は 線路

遮断機もたどり着く道もない踏切。草に覆われて探すのも困難です。

 

今では地元の人ですらほとんど通らない、隠れ踏切。 この写真にある踏切は、かつては農家の方が利用していたそうです。踏切の看板はありますが遮断機はなく、周りは背の高い草に覆われているため、近くまで行かなければ見つけることは難しそうです。

 

田んぼの小道を進んだところにあるため、車では入れず、見つける手段は自転車か徒歩でのみ。 運よく見つけられた方は、昔のひだびとに思いを馳せながら通ってみてはいかがでしょうか。

※数時間に1本の割合ですが、特急も通る場所ですので、渡る際は十分にご注意ください。

 

(この記事はSatoyamaExperienceの過去の記事です)

 ▶︎その他の関連する記事は・・・

⚫︎飛騨のくらしを知る「地図に載っていない村・山之村とは」

飛騨のくらしを知る「神様をお迎えするために 〜祭のやわい〜」

 

古民家一覧はこちら » »