Webマガジン OPENERSにて「匠の文化を継ぐもの」で飛騨里山オフィスの紹介をしていただきました。飛騨古川の街並を彩る「まぐさ」や「雲」をはじめとした飛騨の匠たちのこだわりの紹介や当プロジェクトについて、東京の暮らす方の視点から触れていただいております。写真もきれいで、飛騨古川を散歩しているような気持ちになります。

「Chapter 3:五色ヶ原の森と飛騨古川ー匠の文化を継ぐもの」 (2012年10月30日、OPENERS)
岐阜県・飛騨エリアの自然を巡る旅も最終章である。飛騨古川の町並みを形成する具体的な技術に言及して締めくくろうと思う。戦国時代の城下町を礎とし、古くは奈良時代から受け継がれてきたもの──「飛騨の匠」、すなわち古川の大工が気の遠くなるような年月の間磨き続けてきた、建築の技術である。もっと読む・・・

*記事に紹介されている里山オフィスは「末広の家」です。